座右の銘にしたい名言、有名人の名言、格言集人生の座右の銘、名言・格言・好きな言葉など、心に響く言葉を集めてみました。 

この記事に含まれるタグ :
松下幸之助  長者番付  松下政経塾  波乱万丈  パナソニック創始者  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
名言・格言ブログランキング  ◆ 安心安全の専門店 TSSP.jp!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

(記事編集) http://meigenbest.blog114.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

松下 幸之助とは

   ↑  2010/07/25 (日)  カテゴリー: 日本人
名言・格言ブログランキング  ◆ 安心安全の専門店 TSSP.jp!!
松下 幸之助

パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を、
一代で築き上げた日本屈指の名経営者として有名。

1894年11月27日、和歌山県海草郡和佐村千旦ノ木(現:和歌山市禰宜)に、
小地主松下政楠・とく枝の三男として出生。
スポンサードリンク

小学校を4年で中退


1899年頃、父が米相場で失敗し破産したため、一家で和歌山市内に転居し下駄屋を始める。
しかし父には商才もなく直ぐに店をたたむ事になったため、
尋常小学校を4年で中退し僅か9歳で火鉢店に丁稚奉公に出される。
後、奉公先を五代自転車に移す。

自転車屋奉公時代、店主に度々タバコを買いに行かされたが、
その際、いちいち買いに出かけるより纏め買いして置けば直ぐタバコを出せる上、
単価も安くなるため、これを利用して小銭を溜めた。

しかし丁稚仲間から店主に告げ口され、店主から大目玉を食らう。

この頃から商才を顕すと共に、独り勝ちは良くないということにも気づくことになる。

この当時、初めて路面電車を見て感動し、電気に関わる仕事を志し、
16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社、7年間勤務する。

大阪電燈在職中に、簡単に電球の取り外しが可能な電球ソケットを考案。

当時の電球は、自宅に直接電線を引く方式で、電球の取り外しも、
専門知識が必要な危険な作業であったため、画期的な発明であった。
1917年、大阪電燈を依願退職。

松下電器(パナソニック)の第一歩


その後、妻とその弟(後の三洋電機設立者)友人2名を合わせた計5人にて、
ソケットの製造販売を開始する。

当時の電気料金体系等が味方して、事業は直ぐに軌道に乗る一方で、
兄弟喧嘩で電球を取り合う光景をヒントに、コンセント・スイッチ付き二股電球ソケット、
『1号国民ソケット』を考案。創業2年目にして大ヒット商品を作り出す。

事業拡大に伴い1918年、松下電気器具製作所を創業。

電球ソケットに続き、カンテラ式で取り外し可能な自転車用電池ランプ、
(1925年から「ナショナル」商標を使用開始)を考案し、
これらのヒットで乾電池などの製造にも乗り出し、1929年の松下電器製作所への改称。

第二次世界大戦中は、下命で軍需品の生産をすることとなり、
1943年4月に松下造船株式会社を設立し、海運会社出身の井植社長の下で、
終戦までに56隻の250トンクラスの中型木造船を建造。

次いで同年10月には盾津飛行場そばに松下航空機株式会社を設立し、
空技廠の技術指導により強化合板構造の練習用木製急降下爆撃機『明星』を終戦までに7機試作、
試験飛行に漕ぎ着けたものの1機は間もなく空中分解し、
航空機製造に求められる知識、絶対的な品質と信頼性に対する認識不足から惨憺たる失敗に終る。

1950年以降、長者番付で10回全国1位を記録。

また40年連続で長者番付で全国100位以内に登場していて、この時期の松下幸之助氏は、
「億万長者」であり、生涯で約5,000億円の資産を築いたと推定されています。

1951年テレビ事業視察のため長期外遊。

1954年には戦前からの課題であったレコード事業参入のため、
当時の資本金相当額を投入して日本ビクターを子会社化(経営上の独立性は保証)

1960年に初の和歌山市名誉市民に選定される。

1961年に会長に就任し第一線を退く。

ダイエー松下戦争が勃発


1964年には家電品の廉売を巡り、当時のダイエー社長だった、
中内功氏と30年にわたるダイエー松下戦争が勃発。

1965年の第16回NHK紅白歌合戦に審査員として出場。

1967年、ダイエーなどを中心としたの安売り店(ディスカウントショップ)への出荷停止や、
締め付けなどに関して公正取引委員会が松下電工を立ち入り検査し、
独占禁止法第十九条に抵触する「不公正な取引方法」として排除勧告を受けたものの、
これを拒否したため消費者から批判を浴びることとなる。

1970年にはナショナルショップの後継者育成目的で松下電器商学院(現:松下幸之助商学院)を設立。

日本万国博覧会(大阪万博)に松下電器館を出展。

「5000年後に開封する」として話題になったタイムカプセルには、
全国の小中学生の手紙や当時の物品を納めて、博覧会終了後に大阪城公園に埋蔵。

1973年、80歳を迎えたことを機に現役を引退し、相談役に退いく。
1974年には明日香村名誉村民となる。

1979年、私財70億円を投じて財団法人松下政経塾を設立。

1989年4月27日に肺癌のため、松下記念病院に於いて死去。享年94。

松下幸之助関連書籍

この記事に含まれるタグ : 松下幸之助 長者番付 松下政経塾 波乱万丈 パナソニック創始者 

FC2スレッドテーマ : 独立・開業 (ジャンル : ビジネス

(記事編集) http://meigenbest.blog114.fc2.com/blog-entry-12.html

2010/07/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 松下 幸之助とは

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。